進撃の巨人 漫画 3話 ネタバレ

進撃の巨人 3話をネタバレしていきます。

 

進撃の偉人の世界においては、「座標」といったコンセプトが供給され、ストーリーする上で貴重なミッションを引き受けてあるのです。

これがどういうことを指し示しているのかを熟知していたら、お話がよりオープンにイメージするのはリアルで。

ここから下から、座標といった力の正体というケースをネタバレしたりしていくので、縁のない人は確認警戒でお願い申し上げます。

座標だとすれば、かいつまんで言えば「偉人をコントロールするキャパシティー」だということです。

座標をかければ、無才力偉人をお好きにおもちゃにするケースができて、仇サイドにしてもお助けマンサイドにしてとりましてもかなえられてしまうありがたいことに使うことが可能なかそうでないのかはずいぶんカギになります。

座標のスタートは、ユミル・フリッツというような女の人が大地のサタンと締結をとり交わしてスタートした、「創建者の偉人」であります。

創建者の偉人のパワーを活用して、エルディアナショナリズムを栄華させましたが、ユミルの没後は開山の偉人が9体に分けられ「叡知もち偉大な人物」が登場。

それから後に、マーレナショナリズムにパワーをとられてしまいまして、145代キングが争い事をお手上げ状態になってその時だけのパラダイスをエンジョイしたいことにより、不戦の契りを給付。

すなわち、座標の力は開山の偉大な人物がその源であり、開山の偉大な人物を捕食すれば座標を活用できてすが、不戦の契りを供給していないわけありませんからきついです。

ここへ来てエレンが座標の保持者であるのですが、王様の血液を譲歩していないから座標のパワーを確実には使用不可能。

皇族の血液を引くヒストリアを、エレンが捕食すれば座標のパワーをゲットできてストーリーはすごくアクションを起こすことでしょう。

 

進撃の巨人 漫画 2話 ネタバレはこちら

 

進撃の巨人 漫画 4話 ネタバレはこちら

 

 

 

 

主任 登録者