進撃の巨人 漫画 7話 ネタバレ

進撃の巨人 7話をネタバレしていきます。

 

進撃の巨人ということでスタイルを表わしたエレンというのは、ヴィリーを口としては放り込むっていうのはマーレ軍勢の元へじっとしていないでダイブ

お芝居はぶち壊し、ある程度の数の死傷者が出現している中、仕事先は生き地獄のような結果に。

お手伝い身体の女の人が偉人化エレンを睨みながら、フラッシュするのと一緒に巨人化に成功。

エレンを迎え入れていたのと一緒で、今までお目見えしておらなかった「戦槌の偉人」となりエレンに向かって建ってアタックに取り組み始めます。

マーレ兵はアワを食っていますが、マガトキャプテンはイメージしていたのと一緒で沈着冷静であり、エレンにおいては銃を撃ちます。

エレンと戦槌の偉人のエモーショナルなやり取りは、マウントをゲットしたエレンがアドバンテージに見えていたそうです。

けれども、その場しのぎのフラッシュの後に大地から尖った槍と言えるがかかってエレンを串刺し。

そのタッチをなにからか覗いていたのか、空中を見て取れる何人かの人影が身体を現わし、インスぺクション兵団がエレンの近くにアクセスしたのです!

エレンが絶体死去の悪戦苦闘したのは、ユーザーに隙をしっかり作ることに必要なものでミカサはその死角に向かっていたそうです。

うなじに稲妻槍をインプットし、戦槌の偉大な人物のうなじを吹きスキップします。

こういう風にしてエレンとミカサは、何年かぶりのご対面を為し遂げるのでした。

 

 

進撃の巨人 漫画 7話の感想

 

こちらでは、進撃の巨人のネタバレに触れいってしまいました。

進撃の巨人はコッテリ筋書きが連続しますが、7話ではエレンとおじいちゃんが顔と顔を突き合わせておりどこのナショナリズムにもエネルギーが見られるという事を熟知します。

7話では、エレンとライナーが再会し、ファルコをブレンドしながらのおしゃべり合いにサクセス。

8話ではようやく、ヴィリーがチェックしづらいであったビジネス歴をクリアにしつつ、エレンがトータルの誘引であるとレヴューしたケースでもエレンが偉人化。

偉人同士の軍事となった9話で、ミカサがエレンのヤバイ状況を救い出すというアツいな推進になったというわけです。

この先いかになるか、ウキウキがやみませんね。

 

 

進撃の巨人 漫画 6話 ネタバレはこちら

 

進撃の巨人 漫画 8話 ネタバレはこちら

 

 

 

 

主任 登録者