進撃の巨人 漫画 9話 ネタバレ

進撃の巨人 9話をネタバレしていきます。

 

「君に船毎担ぎあげられてからだ」ってエレンとして握手のアームをあげるイェレナでございますが、「いいや この先だともあなたらというアプローチはない お顔をお見せしたのはマキシマムの歩み寄りだ」とリヴァイがへし折ってランクインします。

けれども、イェレナはそいつを案じる風でもなくて、港が完結して異国VIPを新しいむかえるということを一番にしていらっしゃるようです。

パラディ島にうまく行ったみなとに上陸に変わってきたのは、独特の友好国ができるヒィズル公的な特使だというキヨミ・アズマビト。

この外見に目を通して「・・・!あいつ・・・」とおどおどするミカサに、イェレナが「ママに似た外見だちかな?」とお伝えしています。

あるいは、イェレナの口から言えば、「君の血縁者とぶつかる方だよ」とインパクトある証言が張り出しました。

ミカサもかなりぎょっとしておりますね。

かつミカサをあっと言わせることがあります。

「こいつの家紋に見覚えはありませんか?」とキヨミがピックアップしてアナウンスした家紋と一緒の紋様がミカサの手サイドにしてとりましても彫られています。

ここからはキヨミの口から歴史に残るインパクトあるリアル社会においてがアナウンスしられます。

100年以上昔ヒィズルナショナリズムとエルディア帝ナショナリズムはアライアンスナショナリズムであり、ヒィズルナショナリズム将軍家はフリッツロイヤルファミリーと懇意だけれどいていたためにパラディ島に宿泊していましたですから。

そのあとの偉人大戦でヒィズルナショナリズムは負け、将軍家はステータスを追われ、混乱のしているさなか忘れ遺品がパラディ島にメモリーされてしまいまして、ミカサはこの末裔でありまして、ヒィズル公的なお願いだと言われるのです。

ミカサのお家柄をつかんだインスぺクション兵団の人たちは、「ミカサはヒィズルナショナリズムでは権力者ってことであるよね」とか「いずれにしてもヒィズルワールドワイドが活用可能なならあらゆるものをするんだ」「こいつが仇敵のいかさまであったら?」あるいは願い願いにうるさく言いスタートするのでした。

そんなリサーチ兵団の人たちに対してピクシス指示官は、「1個安心できることがある」と話し展開します。

「わたしたちは海でオンされるグループにおいてヨチヨチ歩みのあかちゃんに過ぎんっちゅうことじゃ」とあなた方をたしなめるように言いつつ、キヨミが心待ちにするホールへと侵入していきます。

 

 

進撃の巨人 漫画 8話 ネタバレはこちら

 

進撃の巨人 漫画 10話 ネタバレはこちら