進撃の巨人 漫画 8話 ネタバレ

進撃の巨人 8話をネタバレしていきます。

 

このごろの進撃の巨人のパターンとして、追憶ステージがいずれからどこまでか、いずれの追憶ステージなのかをコツコツイメージしていかないとアワを食ってきちゃうね。

けれども、ハンジのロング想起タイミングの中で、いくつもの謎が実証されているそうです。

ミカサの家系は家系書つきでありましたし、おしまいではド迫力のヒストリアができあがってきちゃう。

まずは進撃の巨人8話のネタバレプラスの面と解明まとめです。

 

 

進撃の巨人 8話 ネタバレ

 

地中牢に幽閉噂されているエレンとして「なにしてるの?」のハンジが申しあげます。

エレンが鏡に感じる1人1人にかけて「戦え」「戦え」とつぶやいていたのを閲覧していたらしいですね。

1~2秒、ハンジをチェックしたエレンだとしても、速やかに期待度をそらし、鏡をチェックしスタートします。

ああいったエレンにハンジは、「ずいぶんとチャレンジするの?」とグングン聞きますが、エレンはひとつも向こうにまわしてくることはありません。

「言葉なくちゃアイデアがないよ」とハンジはキープしますが、この度はエレンのヘアースタイリングを褒めスタートします。

なんとか「何しにいらしていたんですか!?」と口を開催したエレンについて、「おしゃべりにやって来たのだよ」「新しい時と言われるものなどは寝ないで偉人というケースおしゃべりカミングアウトしたじゃないか」と応じたハンジは、かつ、「あたし自身は測定してた 君がヒストリアを犠牲に規定することはありませんって・・・」とエレンにカミングアウトするというわけです。

あるいは、二年前、漁港でいったウェルカム式の日を懐かしみスタートします。

 

 

進撃の巨人 漫画 7話 ネタバレはこちら

 

進撃の巨人 漫画 9話 ネタバレはこちら