進撃の巨人 漫画 2話 ネタバレ

進撃の巨人の2話をネタバレしていきます。

 

進撃の巨人は歴史に残るといった理由も、ストーリーの天命に大事な使命を引受けてあります。

 

進撃の巨人 1話のネタバレはこちら

 

どういうわけでエレンが居住している土地はウォールでマーキングしてあるのであろうか、このアウトサイドからすればどうかしたのが行われるのかだったり、平等なサマリーを採り入れることが肝心。

こいつのお話を読み進むのに大事なというのが、「不戦の契り」だという申込。

キングがこういう契りをサプライしてみたことがチャンスで、3重のハードルがうまくいくあるいは、進撃の巨人のアイテム語のイロハがやって参りました。

ここで、不戦の契りにしろどういうことを指し示しているのかということを、下記の次にネタバレに触れいくそうですね。

ユミル・フリッツだという女の人が、土地のサタンとお願いしたお蔭で「創建者の巨人」のありったけの力をアドバンテージをおられましたが、こいつが巨人の開始だと言えます。

創建者の巨人は、アグレッシブにを巨人に規定するケースができるはずですし、トータルの巨人を座標を使用することでおもちゃにするケースだってあり得る。

ユミルの没後、開山の巨人のアビリティーはエルディア公的な王様だというフリッツ家がキャッチし保有することに。

このアビリティーは強大なアイテムで、異国をコントロールしてといったようなエルディア国家は、創始者の偉人を9つの偉人に区分けします。

それから後に、マーレ国のインサイド工作次第で、9つの中で7つをはく奪されるも、創建者の偉人次第でバランスをキープします。

けれども、145代目フリッツキングが軍事を棄権し、辺境の島に都をスライドして3重のウォールを創設者の偉人のお蔭で建設。

そして「不戦の契り」をサプライし、創建者の偉人のありったけの力をつかえる者がいかなる理由があろうともでてこれないかのようにおこなった。

けれども、ウォールの外にいるマーレ国にノーと言うには、開山の偉大な人物のウェートを使用しないといけないというのは一目瞭然。

エレンはヒストリアを偉大な人物にし、こちらを自身が捕食するお蔭で不戦の契りを無効にしたいともくろんでいます。

 

 

進撃の巨人 漫画 3話 ネタバレはこちら